設置する太陽光発電システムのパワーコンディショナーの設置場所

太陽光発電システムの部品で一番目に付くのはソーラーパネルでしょう。
屋根の上に設置しますから人目を引きますし、屋根全体にできるだけ敷き詰めるように設置しますから、視覚に訴えます。
ソーラーパネルが発電する電気は直流電力なので、直流電力を住宅内で使用するためには交流電力に変換する必要があります。
直流電力を交流電力に変換する太陽光発電システムの重要な部品が、パワーコンディショナーです。
従来のパワーコンディショナーは住宅内に設置するよう設計されたものが多いのですが、最近販売されている太陽光発電システムのパワーコンディショナーは屋外設置型が増えています。
屋内設置型にも、屋外設置型にも一長一短がありますので、大阪市住吉区にお住まいの方が太陽光発電システムを設置する時は、太陽光発電システム販売代理店に屋内設置型パワーコンディショナーと屋外設置型パワーコンディショナーのどちらが自分の家に適しているか、購入前に相談できるでしょう。
屋内設置型パワーコンディショナーは室内に運転音が聞こえてしまうというデメリットがあります。
屋外設置型パワーコンディショナーは自宅室内に運転音が聞こえませんが、周囲には聞こえるので隣の家との距離が非常に近い場合、隣近所への迷惑といった点が気になるかもしれません。
パワーコンディショナーが発する運転音はほとんど気にならない程度の音量ですが、自宅の環境を考慮して、太陽光発電システム販売代理店とよく相談するとよいでしょう。