大阪で広めよう。

東北の大震災から人々のエネルギーの考え方が変わりましたね。
多くの燃料を使う火力発電や、まだ正しい処理法がない原子力発電などをやめ、自然からエネルギーをとる方法を本格的に考え始めています。
火山大国である日本の地熱を活用した地熱発電や大きな風車を回す風力発電などの整備が早急に進められていますが、それより一歩先を進み、家庭への浸透を進めているのが太陽光発電ではないでしょうか。
私が暮らす大阪でも、多くの家が太陽光発電を取り入れ始めています。
特に関西は、阪神・淡路大震災を経験し、今後も南海沖地震が近く起こるといわれ続けています。
もしこれから、南海沖地震が起こったら。
その際に思い描くのは阪神・淡路大震災のあの壮絶な風景。
あの状況をもう一度体験することを考えれば、いまの住まいに自然エネルギーを取り入れることは必須条件といえるのです。
地震によりインフラが途絶えた時、大切な命や家族を守るのは、事前の準備。
そのためにも、我が家でも太陽光発電を取り入れられないかと考えています。
最近では、少しずつですが賃貸住宅でも太陽光発電を取り入れる家が登場しているようです。
もしマンションの屋上などで太陽光発電を行ってもらい、それで各住居の電気代が安くなるなら、こんなにうれしいことはないですね。
もっといろんな住居で太陽光発電を取り入れてもらって、どんな家に住んでも自家発電ができる。
そんな時代が早く来るといいなと思います。