吹田市で太陽光発電をやっている家

石油をはじめとする化石エネルギーはいずれ枯渇していきます。
またそれに伴い当然価格も高騰していきます。
また化石エネルギーを燃やせば二酸化炭素排出に関わる地球温暖化が進みます。
もちろん、排出ガスによる環境汚染も心配です。
そして、代替エネルギーとして期待されていた原子力発電も問題が多く、それほど期待できない状態です。
そこで心配なエネルギー問題に備えるためには、自然エネルギーの活用が進められています。
その中でも官民一体となって盛り上がっているのが太陽光発電です。
この太陽光発電は家庭の屋根に装置を設置して発電することができるので、吹田市のような郊外の住宅街でも市民の皆様が発電に取り組めば、これは立派な電力供給地帯にもなれるかもしれません。
もちろん家庭で発電して、余った電力は電力会社へ売電することになるので、家庭の電気代も節約できた上に、収入も得られるといういうのですが、しかし、太陽光発電はかなり高額な買い物。
また、国や大阪府そして吹田市の補助金があるといっても予算があるので、タイミンよく申請しないといけません。
そこで、太陽光発電を設置する時のポイントを、ひつとご紹介します。
それは、発電する電力はそれぞれの家庭の屋根の大きさや形状や方向などによって違ってきます。
さらに、 設置する太陽光発電装置もメーカーによって大きさや形、出力などが大きく異なるので、効率的な発電システムを作るには、それぞれの家庭にあったオーダーメイドのプランを作りましょう。