住吉区での太陽光発電導入の補助金

近年、地球温暖化が深刻化しています。
そこで、日本国内では、その原因である温室効果ガスの削減のために色々な制度が取られています。
その一つが、太陽光発電の導入です。
太陽光発電は太陽の熱エネルギーを電力に変えるため石油や石炭などの天然資源を利用せず、発電時に二酸化炭素を発生させないクリーンな発電方法です。
そのため、火力発電や原子力発電とは異なり、地球温暖化の抑制に役立ちます。
このようなメリットのある太陽光発電が各家庭や企業に普及すれば良いのですが、そのシステムの設置には多額の費用がかかってしまいます。
そこで、国や自治体ではシステムの設置に対して補助金を支出することで設置者のコスト負担を軽減して、さらなる太陽光発電システムの普及に努めています。
大阪府や大阪市でも住民の新たな住宅用太陽光発電システムの導入について補助金制度を設けています。
大阪市住吉区で新たに太陽光発電システムを設置する住民ももちろん対象になりますし、太陽光発電システムが設置されている一戸建てを購入する場合も対象になります。
また、住吉区内には、多くのお店で太陽光発電システムの販売や設置をしており、家庭でのシステム導入も以前に比べると容易になってきました。
太陽光発電で発生した電力はためておくことができるため、夜間に使用することで電気代の節約にもなりますし、停電時に携帯電話を充電したりと災害対策にもなります。
また、発生した電力を電力会社に売却することもできるので、収入にもつながります。
このようにたくさんのメリットがある太陽光発電は今後、さらに普及していくものと思われます。