ランニングコストへの補助

太陽光発電をする場合、
国や地方自治体から補助金が出ている場合が多いのではないでしょうか。
太陽光発電のような省エネのための設備に出されている補助には、
設置にかかる費用を補助するものとランニングコストへの補助があります。
設置にかかる費用を補助する制度として、
茨木市の住宅用太陽光発電システム設置事業補助制度などがあります。
残念ながら茨木市の補助制度は終了しましたが、
国の住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金はまだ続いています。
茨木市では設置費用の補助制度は終了しましたが、
低金利での融資は引き続き利用することができます。
これは大阪府の住宅用太陽光発電設備設置特別融資制度になります。
融資を低金利で利用できるというのは、
ランニングコストへの補助ということになります。
低金利を利用できた場合の一カ月単位で浮く金額は少ないように思いますが、
支払い期間が10年ともなるとかなりの金額を浮かすことができます。
低金利で融資を利用できることで、
ランニングコストを下げることができるというわけです。
設置への補助とランニングコストへの補助、
どちらも利用できれば良かったのでしょうが、
大阪府では国の補助があることから独自の補助を終了してしまいました。
まだ低金利で融資を受けられるなど、
有利に太陽光発電を導入できるチャンスは続いていますから、
太陽光発電を設置するのなら今がチャンスだと思います。
余剰電力の固定価格買取制度もありますから、
太陽光発電を始めるには絶好のチャンスなのではないでしょうか。