Archive for the ‘補助金についての考察’ Category

補助金支給制度を活用しましょう

世界のエネルギー事情を分析している国際エネルギー機関のデータによると、世界の太陽光発電量のトップはドイツで2位にスペイン、3位は日本となっています。
地球環境の保護や再生可能エネルギー活用の先進地域であるヨーロッパの国が上位一位と二位を占めるのは当然の事ですが、3位に日本が入っていることはそれだけ日本人の環境保護意識が高い事の表れであり、世界に誇れる事でしょう。
日本が太陽光発電量で世界3位になっているとはいえ、日本国内で消費されている全てのエネルギーに占める太陽光発電による電力の割合はごくわずかです。
日本政府は太陽光発電による電力の割合を増やす事を目的とし、太陽光発電システムの設置に補助金支給制度を用意しています。
大阪府や大阪府内の各市町村も自治体独自の太陽光発電システムの設置に対する補助金支給制度を用意しているところが多いので、大阪府内でこれから太陽光発電システムを設置する方は、政府の補助金支給制度と自分が住んでいる自治体の補助金支給制度を調べて活用できるでしょう。
日本政府は太陽光発電システムの費用そのものの単価も下げるように太陽光発電システム製造メーカーに対して様々な形で援助しており、太陽光発電システムのコスト削減に向けて官民一致した努力が払われています。
化石燃料の地下資源をほとんど持たない日本は、エネルギーを海外からの輸入に大きく依存していますから、自然エネルギーである太陽光発電の普及は意義あることといえるでしょう。